大阪で人気の「頭蓋骨矯正」ランキング > 基礎知識 > 頭蓋骨矯正で受け口を治す
大阪の頭蓋骨矯正

頭蓋骨矯正で受け口を治す

hiegao

受け口はどうしても気になってしまう

自分の顔でどうしても受け口が気になってしまうという方も多いですが、専門用語でいうと下顎前突や反対咬合という表現を使っています。

これは食べ物などを噛み合わせていった時、下の顎が上の顎以上に前に出てしまう状態になっており、上顎についている歯や下顎が前後逆になるという状況になっています。

受け口というのは歯並びや健康における問題というだけでなく、美容などにもしゃくれや三日月のような顔と批判を浴びてしまうことがあるので気にしてしまうのです。

美容的な問題として受け口は気にしてしまうことでしょう。

的確な治療で治していくことができますので、安心してください。

頭蓋骨矯正で受け口を治す

受け口というのは頭蓋骨矯正でしっかりと治していくことができますので、整体院などでしっかりと治療を受けていくようにしましょう。

この受け口に関する治療というのは一般的に矯正歯科にて行われるものですが、ホームページで治療の事例やガイドなどをチェックすることもできます。

しかし歯並びだけでなく頭蓋骨や連動する顎にある骨がずれると問題があります。

そこで頭蓋骨矯正を行っていくことで、受け口をしっかりと軽減していくことができますので、治療をしている方も多いです。

側頭骨の歪みが原因となっている

そもそも受け口の人というのは、下顎が異常に前に出てしまっている状態になっています。

下顎にある骨だったり頭蓋骨の横についている側頭骨はしっかりと骨にくっついていますが、受け口を作り出す際にはこれらの骨が問題になっていきます。

側頭骨が特に歪んでいるような状態になると、つながっている下顎にある骨というのも位置が徐々にずれていっててしまいます。

よく日常生活で食べ物をしっかりと噛みながら食べていく時に使っている様々な筋肉を咀嚼筋と呼んでいるのですが、下顎を引いていく動きというのも側頭筋が担っています。

筋肉は側頭骨にくっついていますが、すれていくと動きも鈍くなります。

こうなると受け口を進めていくように体が働いていきますので、頭蓋骨矯正でケアをすることが重要になっていきます。

トップページへ